セッション記録
 セッションの記録を残すためのブログです。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルファ´プログラム(感想)
 法条宅で行ったイレギュラーセッションですが、ここに記録として残しておきたいと思います。
 今回は、ゲストを招いてのN◎VAで私もRLとしてだいぶ緊張しつつのアクトとなりましたが、PLの皆さんのおかげで今回も無事に終わることができました。
 つくづく、ルーラーというのはプレイヤーに楽しんでもらって楽しさの分け前をもらっているのだなと感じることしきりです。

 さて、今回の物語も簡単にご紹介を。

 超AIアルファがN◎VAから失われて久しい。
 だが、軌道衛星アマテラスの制御ユニットであったアルファを失った日本は、当然ならがアルファに代わるモノを捜し求め研究を続けていた。
 その一つとして、N◎VA軍少佐石動が提案したのが、AIアルファのプログラムをデッドコピーした擬似AIを、かつて超AIアルファの生体バックアップとしてクローニングした人間にダウンロードするという手法だった。
 だが、生体バックアップとしてN◎VAの各地で育った5人の女性たちはそれぞれに生き方を持った個人だったのだ。それぞれに生きた女性たちにアルファ=オメガは緩やかな警告を与え、その一人であるイワサキの令嬢神無月紫は、草薙鈴子に残る四人の女性を探すよう依頼する。
 だが、ほぼ時同じくしてN◎VA軍の石動少佐配下の二人のN◎VA軍人が女性たちを誘拐していく。
 秘密裏に運べば誰も気付かなかったであろうその計画は微かな繋がりとなっていったのだ。
 シスターユリアを見つけたのはトーキー仁科紗耶子。
 任侠相沢夫婦を殺害したことで、レッガージェームズ・フックはオトシマエをつけるため動き出す。
 司政官稲垣からの横槍に利用されたブラックハウンドの結城弥代は静かに動き出し。
 友達として、九竜沙織は助けての言葉を追う。
 小さなうねりは大きな流れとなって、やがてN◎VA軍の非道な行いに迫っていく。

 けれども、最後の望んだのは大きな計画にはあまりに不釣合いな、せつない願いだった。


 こんなところですかね。
 色々と準備不足や行き届かない部分も多かったとは思うので、皆様には是非にも問題点の指摘や批評を厳しく指示いただければ幸いです。

 各キャストにたいしては、

・草薙鈴子 フェイト◎●,レッガー,ニューロ
 鈴子さんには、ヒロインの一人である神無月紫さんを助け出すというモチベーションで動いていただきました。物語の流れとしては助け出せない可能性も低くなかった中、必死に助けようとしてくれた行動力に惹きこまれてしまいました。
 今回二度目のゲスト参戦していただいきましたが、言葉や表現の巧みさに驚かされてるばかりです。
 押しの強さを表現するのって意外と難しいのに、プレイヤーを楽しませつつの名演技で非常に勉強になりました。是非、またの機会をお願いしたいと思います。

・結城弥代 フェイト,カタナ●,イヌ◎ PL:霧賀さん
 ブラックハウンドの刑事である結城さんには、今回やや変化球な導入とモチベーションでの行動をお願いしました。組織に所属しつつ、その立場の中で自らのスタンスを追求する姿勢は徹底して見事だと思います。
 今回は全体的に中心ではなく外縁を埋めてもらう役回りで活躍していただき、大変助かりました。

・ジェームズ・フック バサラ,カゼ●,レッガー◎ PL:しましまさん
 最近フックの導入のワンパターンさがRLとしては怠慢だなぁとは思うのですが、キャストとしての完成度の高さ。魅力の大きさについ楽をさせてもらっています。
 今回も極めてシンプルな導入でしたが、見事にレッガーらしい空気を作り、かつ情にも厚い素敵な立ち回りでした。

・仁科紗耶子 ミストレス,カリスマ●,トーキー◎ PL:神牙さん
 仁科さんにも今回は導入からして大変手抜き状態で申し訳ないとは思いつつ…の導入でした。
 しかし、安定した情報収集能力に支えられて毎回見事に活躍してくれる様に安心を感じてしまいます。そろそろキャスト個人に迫った展開をシナリオにするのもおもしろいかもしれませんね。

・九竜沙織&システムQ カブト●,カタナ◎,ニューロ PL:あかつき
 そしてもう一人、裏のヒロインとの関係を中心に動いてもらおうとしたのですが…実はRLとしてはシナリオ構築段階で相当に煮詰まってしまい、展開には無理があった導入になってます。その中でがんばってもらいました。
 協力してもらてこそのアクトだなぁと毎回助かっております。

 
 そんなところでしょうか。
 正直RLとしての準備、シナリオの完成度は決して高くはないのですが、何とか形になったのも皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。
 またの機会に卓を囲めるのを楽しみにしております。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。