セッション記録
 セッションの記録を残すためのブログです。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空に捧ぐ(感想)
 自宅セッションもついに二桁10回目。
 今回は神牙さんのご友人である高原秋さんを招いて、オフィシャルシナリオSSS(但しR時代のもの)を緋月RLでやってもらいました。
 そんなわけでいつものように感想もシナリオの内容に直接触れないようにご注意ください。

 物語は、ルールブックでもゲストパーソナリティとして掲載されているニューロエイジのトップシンガー、ブルーベリー。彼女の過去に触れる物語でした。

 参加してくれたキャストは以下四名。

川早毅幸 ヒルコ,マネキン◎●,カタナ PL:神牙さん
 川早さんはいわゆるクグツ導入でした。
 でも、同じようなクグツ導入でも早川美沙との関係ひとつで印象は変わりますよね。毎回ちゃんとコミュニケーションをとってますし、キャラクター表現ちゃんとしてるなぁと思います。
 物語の立ち位置としては脇を固める役どころ。
 プレイも安定してきた辺り、PLである神牙さんも慣れてきたなぁと思います。戦闘面でもしっかりとデータを考えて大活躍。
 今後の活躍にも期待大です。

リュウコ カブト●,フェイト◎,カタナ PL:高原秋さん
 今回、まったくN◎VAをはじめてという高原さんにはもっともオーソドックスに動くことができるだろうということでフェイト枠をやっていただきました。
 そんなわけでリュウコは知り合いでもあり金払いのいい依頼人でもある佐村和哉からブルーベリーのマネージャーである森野に届いた脅迫状の犯人を探して欲しいという依頼。
 話の流れでモチベーションの方向性がやや変わったりもしましたが、それでも前半から他のキャストとのつなぎをしっかり造り、情報をうまくまとめるという見事な活躍でした。
 あと個人的には演出それぞれが結構凝っていて上手いなと感じました。
 是非、またお付き合いいただければと思います。

美作九郎 フェイト●,レッガー,トーキー◎ PL:T381さん
 美作さんの役割は今回も渋いまとめ役。
 すばやく情報を集め、他のキャストと繋ぎ、物語の全体像を形成する。
 毎回同じこと誉めてしまっているようで恐縮ですが、この役割をしっかりとできるということはTRPGをやる上でとても大事なことだと思うのです。
 だからこそ、毎回そのことは評価されてしかるべきだと私は思います。
 あと何気に若いキャストをうまくかまうの上手いなぁと(笑)。

“青き狼(コバルトブルー)”天羽武文 タタラ●,カブト◎,ニューロ
PL:法条大地
 前半、いきなり≪制裁≫を掛けられ冤罪から逃亡しつつ、美作さんや川早にうまく繋がってもらいヒィヒィいいながらなんとか動いてました。
 で、後半はブルーベリーとの掛け合い。
 個人的にはこう…なんていうか、色々納得できない体たらくなのですが…。むしろRLやる時の方が演技しやすいのはどうしでしょう?(苦笑)
 あと実は今回のアクトで私、ほとんど何も判定してないんですよね。リサーチでも情報は他のキャストに任せ、戦闘では早々に腰部損傷で行動不能という。情けなかった…。

 そんな感じの四人で、ブルーベリーの過去に向き合い彼女の現在(いま)を繋いだのでした。

 RLの緋月八樹も急なバトンタッチになったりして、その中でがんばってもらいました。お疲れさまでした。
 そのうち余力ができたらオリジナルシナリオとかやってもらえたらなと思います。

 参加された方々、本当にお疲れ様でした。
 感想等あればよろしくお願いいたします。

記載:法条大地
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おつかれさま
くふふ、楽しかったです♪
メモっといた中から、キャストが吐いた印象深かった台詞を抜粋。

リュウコ
「…なるほど、それは事件だ!」
何か元ネタがあるんですかね。T381は知りませんでしたが、リュウコの行動の基点であろう抑え切れない好奇心の発露が台詞を言うときに感情として込められていたように感じましたな。

川早
「人間なんて結局そんなものさ。自分が最上だと思ったもの意外はどうとも思わない」
N◎VAが生んだ歪みと人の心の闇が凝った澱の形の一つであるところの川早の台詞は、人を時に甘く蕩かし、時に残酷に切り刻む。

天羽
「助けを求める姫君がいるなら、ナイトはいつでも2秒でそこまで」
今回の悩める主役。有るべき理想の自己と現実との差に思い悩んだり。それでも自らを取り巻く周囲の全てを糧に成長していく力がいつか彼を、望む高みに連れて行くことだろう。

美作
「こんなでかいネタを逃す手はない。そうだろう?」
失った何かをとりあえず埋めたのは虚無。それは何もないように見えて実はそういう名前の付いた別の何かだった。自らも気づかないまま今はそれにすがり、男は独りN◎VAに佇む。

(おまけ)
ブルーベリー
「ふふふ…まいったなー。自分よりヘコんでる人間がいるんじゃ、あたしがヘコめないじゃん」
うあ、いいこだなあ♪

ちなみに、自分の吐いた台詞はあんまし覚えてないので、唯一思い出せたってだけのもの...orz

あと、アクトトレーラーのほうに書き込まれたリュウコのSSが良い感じだねえ~
2006/11/01(水) 17:32:49 | URL | T381 #S2Y834IQ[ 編集]
データ
 セリフって恥かしい…。

 実際、今回の天羽くん。緋月にも同意を得られましたが、データ重視で個性や人格という意味でのキャラクターの表現はできていなかったと思うのです。
 だからセリフも…クサいだけで、どこか借りてきただけという印象が強いのです。お世辞にも上手いロールプレイではなかったと思いました。

 なんていうか若さを表現するのって難しいと実感した久しぶりのPLでした。あとやっぱりRLの方が性には合ってるなぁと。
 次回はRLとして皆さんを楽しませられればと思います。
2006/11/01(水) 18:46:08 | URL | 法条大地 #XWDE.zb6[ 編集]
若さ
こんばんは、高原です。
何処で何を書き込んだらいいか、まだ戸惑っています^^;

えーと、法条さんのコメントにもありますが、ある程度、実年齢がプレイヤーの方が高いと、なかなか10代くらいの若者を演じるのは難しいですよね^^;
なんだか、大人びた若者になったりして、
「あれ?10代だよね?!」という違和感がでたりと、プレイヤーやGM(ゲームマスター)やってて思うことが自他とも思うことがあります。
子供心よりも大人としての考えが先行してしまうのは、ちょっと複雑な気持ちにさせられます。
2006/11/01(水) 19:22:08 | URL | 高原秋 #nEx7PFYA[ 編集]
ご参加下さいまして
皆様どうもありがとうございました~!
久し振りのRL、久し振りの既製シナリオ…のせいにしてはいけないのですが、相変わらずどうにも拙いルーリングで、申し訳ありませんでした。
特に高原さん、初めての面子初めてのシステムでのご参加、本当にありがとうございました。少しでも楽しんでいただけたなら良かったと思うのですが…

さて、色々と思うところや感想反省などだらだらと書き列ねたいところなのですが、先ほどパソコンのウィルスバスターを最新版にするべくインストールしましたら…途中でエラー起こしやがりまして(泣)
結果、ネットに繋げなくなっちゃいマシタ(号泣)
色々とやってみたのですが、やはり素人の浅知恵ではいかんともしがたく。明日、どこかのサポートセンターへでもSOSしてみようと思ってます。

というわけで、今日は取り急ぎEZwebからお礼のみ書き込でした~
2006/11/03(金) 04:54:04 | URL | 緋月 八樹 #RguYWJTY[ 編集]
一応復旧いたしました。
ニューロならぬ身では、あちこち電話しまくってネット環境は復旧させたものの、指示に従ってアンインストールしたウィルスバスターの再インストールもどうやってもできず、推し量るところパソコンの中がぐちゃぐちゃになっているようで、途方にくれております(泣笑)

さて、改めまして、ご参加いただいた皆様どうもありがとうございました。
今回のシナリオ、SSSに散見される、情報量が多いため行間をよく読まなくてはならないシナリオでした。もっとも、起こっている事件自体はそう複雑なものではなく、主要登場人物二名の心象がたとえば好き・嫌いと言う単純に割り切れるものではなかったが故に起こる、事件の裏の入り組みが激しいためだったのですが。
その複雑さこそが、緋月がシナリオに一目ぼれした理由でもあるのですが……やっぱり、表現は巧くいきませんでした。途中のまとめの為の話し合いが長くなってしまった辺りは、そのせいでもあります。
ブルーベリーをいかに魅力的に描くか、ゼブラの愛するが故に殺す(しかも相棒としてのベティ・ルーではなくトップシンガー・ブルーベリーとして!)という歪んだ想いをいかに表現するか、それがこのシナリオの肝だったと思うのですけどね……好きなだけでは能力は追いつきません。まだまだ精進が必要なようです。

もちろん、RLは下手でもPL様方が上手ならばちゃんとアクトは回るわけで。
特に、今回N◎VA初の高原さんasリュウコの立ち回りとロールプレイには脱帽でした。早くからキャストたちが繋がり、関わり合うような雰囲気を作ったのは、明らかに高原さんの功績です。
SSまで書いていただけて、RLとしては本当に嬉しい限りです。(あ、どこに何を書き込むかなんてもちろん決まりなんかなく書きたいことを書いてるのですから、ぜひぜひまた作品もご意見ご感想もよろしくお願いします☆)
もしも楽しんでいただけて、今後もご参加いただけるなら、ぜひともまたよろしくお願いいたしたいであります!

T381さん、台詞メモありがとうございます~。ゲスト台詞まで書いて下さって!
……ちなみに、あの台詞は半分素でした(苦笑) 緋月は落ち込みロールプレイの方が好きなのに、あれじゃ落ち込めないよ天羽君!(笑)
T381さんas美作がいつもどおり渋く重要な繋ぎ役・まとめ役として立ち回り、神牙さんas川早が美沙とのロールプレイやゲーム的な動きを頑張ってたところから見ると、確かに法条君as天羽は苦戦しちゃってましたね。

あ、それはそうと美作のデータ紹介ページができてますね~。凄い!
何気に3LVちゃんと取ってる一般技能が多いんですね。美作の安定感は、そんなことろからも来てるのかも。
2006/11/04(土) 02:57:27 | URL | 緋月 八樹 #RguYWJTY[ 編集]
キャストデータは
 おおっ!確かに美作さんのキャストデータがURLでリンクされてる。
 うーん、どうでしょう、キャスト紹介だけじゃなくデータを載せるページもちゃんと作った方がいいかなぁ。

 昔は手持ちキャストや仲間内キャストのデータは一応HPに全キャスト分載せていたのですが、今はHP自体弄らなくなってますしね。
 でも、もし在った方がいいな、という意見があればまた作り直してもいいかなと思います。
 みなさんのご意見も是非。
2006/11/04(土) 08:37:56 | URL | 法条大地 #XWDE.zb6[ 編集]
プレイ時間
こんにちは、高原です。

前回のトーキョーNOVAをやる時に、サイバーパンクの世界が苦手なのと、自分はやりこなすことが出来るだろうか?と不安でいっぱいでしたが、温かい皆さんのおかげで楽しくプレイさせていただくことが出来ました。
ちなみに、カード(トランプ)でやることも初めてでした。カードゲームとサイバーパンクを敬遠するところが多かったのですが、前回のプレイでイメージが変わりました!
こちらこそ、またやる機会がありましたら、是非とも参加してみたいです。

こちらも、近所の友人と色々なTRPGをしていますが、キャラクターのロールプレイでゲームを進めていく傾向にあり、前回のトーキョーNOVAをプレイさせていただいて、タンタンタン、とスムーズに流れて、プレイ時間が短くかつ面白さをそこなわれないのは、新鮮な感じでした。
こちらでは、情報収集に時間がかかったりと、8時間・10時間が当たり前になっていたので、前回のプレイは目からうろこがおちる思いでした。
自分も、何処に聞きに行き、誰に何を話せばいいか、情報収集を苦手とするところがありましたので、そういった意味でもうまくプレイできるかな?と緊張していましたが、皆さんとのプレイを通じて緊張もほぐれて楽しくプレイすることが出来ました。
重ねてあつく感謝いたしております。
2006/11/04(土) 16:20:27 | URL | 高原秋 #nEx7PFYA[ 編集]
物語であるということ
 あー、忙しさに負けてコメントを付け忘れていました。ごめんなさい。

 N◎VAってシステムは他の多くの(最近のF.E.A.R.システムも含めて)システムとはやや趣の違う部分があります。
 それが『物語』という大きな力です。

 捉え方は様々で紛糾しやすい話題ではあるのですが、一つの考え方として書きますね。

 TRPGをやっていて高原さんたちのようにセッションの時間が長くなる、というのは恐らくありがちな側面だと思うのです。
 シナリオにたくさんのものを込めて、PLに最大限楽しんで欲しい。GMはそう願っていても思い通りにならないのがTRPG、気がつけば時間ばかりが膨大に掛かっていつしか疲れきってしまう…なんて一昔前なら当たり前のことでしたよね。

 でも、トーキョーN◎VAに於いてそういうことは極めて少なくなりました。それがトーキョーN◎VA The Revolutioに於いて提示された概念である“シーン制度”と“登場判定”です。
 その後、ほぼすべてのF.E.A.R.システムに使われるようになったこれらの概念の本質はTRPGのセッションに於いて重要なのは何か、ということを明確にしたことです。
 その一つの答えが『物語』という枠組みであり、単位でした。

 つまるところ日常のすべてを描くということはTRPGにおいては不可能です。でも、そういう日常感や何気ない会話などがTRPGにおいて大きな楽しみであることもまた事実。
 だからそれらを削るのではなく重要度の高い『物語上のピース』を抽出し、その演出に時間と手間をかけることによって、その他のものを省き、より内容の濃いセッションを目指す。
 そのためのシステムが“シーン制度”であり“登場判定”でした。

 だから、もし今回のセッション――アクトで、何か少しでも良いなと思っていただけたなら他でも応用して、より楽しさを向上させていただけたらなぁと思います。

 で、もしよろしければまたご一緒にお付き合いいただければと思います。
2006/11/08(水) 20:06:36 | URL | 法条大地 #XWDE.zb6[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。