セッション記録
 セッションの記録を残すためのブログです。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天使、売ります!
12.05.26.
 久しぶりにプレイヤーが4人揃った定例会。
 RLとしては思うところが色々あって、内心相当に悩んだ挙句、シンプルにしようという結論で作ったシナリオでした。…もっとも、ゲストデータを前日に。シナリオをネタから物語にできたのは当日の朝という体たらくではやはり満足できるものにはなってくれませんね。
 反省と精進を心がけたいと思います。

 物語は、人攫いと教育(洗脳)をセット販売する組織という明快な悪者に、それぞれの理由で立ち向かうという極めてシンプルなもの。
 ただし、敵側は稲垣光平司政官に賄賂(商品)を送り、政治的、社会的裏工作をしっかりとしているやっかいものだというのが今回のちょっとしたギミックで、≪買収≫の効果を如何に打ち消し、最終的な討伐にたどり着けるかというのがポイントでした。まあ社会戦能力を持たないキャストが集まった時点でこれは厳しいだろうなと思っていましたので、多少融通は利かせるつもりでしたが…。

 あと敵ゲストは戦闘には消極的だというのも決めてありました。
 大ボスである“エンジェルテイマー”は戦闘が始まれば、高いアクションランクから容赦なく攻撃をしましたが再三交渉はしようとしましたし、妥協も提示しました。部下達も防御系と行動阻害だけで積極的なダメージはほぼなし。そのあたりでバランスを取ったつもりでしたが…完封しちゃいましたね。
 このところRLをやっていてバランスを取りきれてないことが続いたのは十二分に反省しなければならないようです。

 各キャストについて。
・九条司
 九条さんは、稲垣の尻尾を掴めが命令。でもまあ極論からすれば別に成功しなくても生き残れば勝ちってところでしょうか。攻撃力の高さを生かせれば戦闘はまた違ったかもしれませんが、精神戦はどうしても強いですね。対処を考え出すとキリがないし、難しいところです。
 今回一番のポイントは、クライマックスにエニグマ召還と組み合わせて超遠距離に登場ってことでしょうか。ライフルもちはそういうの、大事ですよね。それを可能にした夜叉姫の≪天変地異≫もいいアイディアだったと思います。

・夜叉姫
 個人的に夜叉姫さんは白き狼のワークス取るのお勧めですが、どうでしょう。フリーより利便性が(RLにもPLにも)高いし、それでいて拘束は少ないですからね。首魁が慈善家なのもポイント高いしヒーローやり安いんじゃないかと思います。
 そんなわけで夜叉姫さんにはわかり易くヒーロー枠的動機を持って行動してもらいました。現実にはヒロイックな行動は矛盾だらけになりますけど(概ねN◎VAでも)、プレイヤーの好みからしてもこの方向性が一番まとまりがいいんじゃないかと私は思ってます。

・槐
 今回のシナリオゲストの主張は、まさに槐のような女の子を作ること。まったく意図してなかったんですが、予想以上に似てしまってましたね。男の考えることなんてそんなもんってところでしょうか。
 個人的には槐はもうちょっと割り切って悪いこともでも利益があればそういう選択するのかなと思っていたので、良識で行動してたことに驚いてました。これが旦那の致命的な危機と天秤だったときにどうするのかって辺りはつついてみたいですね。

・真浪・レイモンド
 携帯判定…、もうちょっと明確な指針欲しいですね(苦笑)。
 それはともかくハードボイルドな探偵でした。ただ確かによりハードボイルドを表現するには依頼者であるエキストラがもっと心情的に訴えるほうがより良かったかなと思います。まあそういう機会をいずれまた。
 真浪に限らずなんですが、可もなく不可もなくな活躍ですね。

 あとPSについてなんですが。
 最近、私自身が『すごく楽しい』がないのですよね。まあ無難に、程度にはやれてるけどプラスマイナスがない平凡なとでもいいますか。
 でもやる以上は『ものすごく楽しい』をやりたいんですよね。普通では意味がないと言い換えてもいい。で、まあ色々考えて『楽しい』ってなんだろうってことを皆さんに意識、あるいは認識してほしくてああいうPSにしました。
 それが、どうだったのか。
 改めて皆さんの意見を聞いてみたいとは思います。よければその点もコメントいただければと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
槐とダメ親分とおともだち
心外な(笑)
槐は理由も無くあのダメ親分にもてあそばれてるわけじゃないんですヨ。どっかに書いたかも知れませんけれど、かつて不遇な状況から救い上げられたこともあって一目ぼれだったのです。あと本人がド変態なだけです。ちなみに槐は自身のド変態振りで、同じような変態成分を潜在的に持ってた親分を骨抜きにして自分が居なければ生きていけない状態にたらしこんでいるわけですよ。なかなか堂に入ったマネキンっぷりだと、自分では思うのですがどうですかね。小心者で虚勢はりなダメ親分は、誰に強制されるでなく自分から求めてくれていると確信した槐にだけは本心と欲望ををそのままぶつけることが出来るのです。もはや手放すことはできませんよ。うふふ。
槐は、だから、他人に鬼六を悪く言われると良くは思わないし、少しでも周囲から鬼六の評判がよくなる様に、立場が危うくならないように、自分で判断して行動します。それに、もちろん大好きな鬼六のことを常に第一に考えていますけれど、他の関係を強いてないがしろにしているわけでもないのです。友達が出来れば出来る限り大切にしたいと思うし、人情だって人並みには感じます。優先順位のトップに鬼六がいるだけで。忘れられがちですけれど、スタイルにもレッガーは入ってないんですよ? むしろ人情要員のカブトもちです。自分を取り巻く小さな世界だけを守る剣と盾を手に、愛するものと共に望んで背徳の鎖に繋がれつづける薄暗闇の住人。…こう、文章に書いてみると、なんというか、こっぱずかしい、ような…
2012/06/12(火) 02:03:59 | URL | T381 #mQop/nM.[ 編集]
先入観はほどほどにしないとダメですね(笑)
槐は、なぜかすごく先入観があったのですよね。それも間違った形で。なんでだったんだろうなぁ。
いずれにしても今回のアクトで槐というキャストのイメージはしっかりともてました。次回のチャンスがあれば、そのあたりをしっかりとつついていきたいと思います。

まあ、その萌えですよね…(苦笑)。
2012/06/14(木) 12:21:13 | URL | 法条大地 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。