セッション記録
 セッションの記録を残すためのブログです。
200901<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>200903
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SW2.0セッション6
 二月定例会は、霧賀さんによるSW2.0セッションの三回目。キャンペーンとしては通算6回目にして霧賀GM区切りの最終回でした。
 気がつけばPCたちも順調に強化されている今日この頃。
 霧賀GMが用意したのは、ついにSW2.0の本懐足る“魔剣の迷宮”でした。

 PCたちが前回のセッションで手にした、魔剣の迷宮への鍵。
 以前には進むことのできなかった、その場所には魔剣が眠るという。その情報を信じて、再び訪れた場所にはマギテック協会から依頼された冒険者達の姿。しかし、彼らはすでに二週間にもわたり探索を続け、未だ成果でず。すでにモチベーションも途切れた状態。そこでPCたちは協会の人間と交渉し、代わりにと行って魔剣の迷宮へと突入することとなった。

 魔道機文明時代の雰囲気を伴った迷宮には、明確な“魔剣”の意思が見え隠れする。さらに直接指示される言葉と、難解なリドル。
 PCたちは、そういった頭脳を使うべきルートのすべてを無視し、強引に、強行に、無理矢理に、トラップとモンスターたちを撃破しながら突き進む。迫り来る魔法生物たちをなぎ倒し、やがてたどり着いた場所には“魔剣”に召還され、契約を交わした魔神グルネルの姿。グルネル率いる魔神たちを、ギリギリの戦いに勝利し、そしてたどり着いたのは迷宮の核たる一体のルーンフォーク少女と、魔剣“オノス”だった。

 …まあ、こんな感じでしょうかね。
 霧賀GMからも必要な部分は追記、修正をお願いします。

 個人的に、感じたのはPCたちそれぞれの役割分担がはっきりしてきたことでしょうか。
 クラブベアの攻撃力。
 セスの射撃とスカウト能力。
 ガーディの回復能力と、投げ攻撃。
 ルーディアの確実化付き攻撃魔法。
 アレサの補助魔法。
 あと、ティリウスも少しは役立ってますかね。
 各個の立場、能力が際立った分、分業し、助け合うことで安定感は増してますよね。それでいて意外と苦手部分があったりする愛嬌も、キャラクターに愛着がわく気がして私は好きですね。
 完璧さよりも、そういうのって大事だと思いませんか?

 いずれにしても霧賀GMはお疲れまでした。
 バトンタッチの神牙GMには、次回からよろしくお願いします。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。