セッション記録
 セッションの記録を残すためのブログです。
200611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200701
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダムTRPGアドバンスドエディション
昨日は、ガンダムTRPGアドバンスドエディションに参加していただいてありがとうございます。
ガンダムTRPGのマスターをするのも、久しぶりで、色々とつたない部分が出てしまいましたが、楽しんでいただけたでしょうか?

トーキョーN◎VAや迷宮キングダムのルール説明がしっかりとされている法条さんには、さすがに手慣れた感じを、感じさせます。
自分は、どうもその辺のことをおろそかにしてしまうことがありますので、今回ガンダムTRPGをする際にも、ガンダムを知っている人なら、世界観の説明を詳しく説明をする必要がない利点があり、今回このガンダムTRPGアドバンスドエディションを選んだわけです。
ただ、良くも悪くもガンダムの世界を楽しむゲームなので、ガンダムを知らない人や嫌いな人がいますと、あまり好ましくないゲームでもあります。
ですので、今回はガンダムの世界を、知っているプレイヤーに恵まれていましたね(^^)

今回のシナリオの舞台は、東南アジアで、OVA「機動戦士ガンダム08小隊」の舞台となった場所でもあります。
「08小隊」では、連邦のMSパイロットがジオン軍との激戦をくぐり抜けて最終的にジオンの拠点である山岳の秘密基地を攻略するという物語になっていますが、自分が作成したシナリオでは、連邦軍の勢力がジオン軍に二つに分断され、友軍が包囲されてしまった、というTVアニメとは違った内容になっています。

シナリオの内容からいえば、プレイヤーにとってかなり厳しい物でした。
まず、孤立してしまった友軍の駐屯地に行くまで、ミデア輸送機で運ばれることとなっていましたが、輸送機の護衛についていた護衛機が撃墜され、PCの乗った輸送機までも撃墜される危険がありました。
その場合、MSが搭載された輸送機だけが生き残ったとしても、武器弾薬が失われ、またシナリオの要でもある補給物資までもが失ってしまう可能性があったので、ここでまず一つの難題がありました。
そして、もう一つの難題は駐屯地にいる多数の負傷兵や補給物資が行き届かなくなってしまい、疲労困憊している駐屯地の兵士達の扱いをどうするか、という問題でした。
ここでのマスターが想定した内容は、一つは駐屯地にある戦力で包囲網に一点突破をかけて包囲網からの脱出。もう一つは、各個撃破されつつある友軍と合流して包囲網からの脱出する、というものでした。
ただ、どちらも「動くことのできない負傷兵をどうするか?」という問題をどう解決するか、という難題がありました。

移動基地ギャロップを捕獲して、負傷兵を運びこみ、包囲網から脱出するというのは、極めて望みのない作戦で、何か別の策をこうじなければならない状態になるはずでした。

自分は、まさか一撃でギャロップの足を破壊されるとは思わなかったです(^^;ギャロップとの交戦で、捕獲はかなり難しい物だと考えていました。
搭載された敵MSと戦いつつ、移動するギャロップを捕獲するどころか、ギャロップに逃げられて、増援を連れてこられ、駐屯地に攻め込まれる、という事態もありえないことではありませんでした。

その「まさか」の戦局を変えた一撃をあたえたイェン軍曹は、間違いなく今回の功労者であります。
その一撃だけでなく、イェン軍曹は駐屯地の無名の兵士に駐屯地周囲の状況を聞き込んでいたのは、さすがに他のTRPGをやり慣れている人だなー、と思いました。
こういうシナリオの場合、上官からの戦況報告を聞くだけで終えてしまうことがありますが、一介の兵士とも会話をすることで、駐屯地全体の雰囲気を伝えることが出来、物語の奥行きが出てきますからね。

新兵であったユーディ君も、負傷兵の手当や看護兵のロッテ伍長との会話は戦局には直接関わらない話ではありますが、戦争をテーマにした物語の側面を捉えてくれるものです。
PCのMS部隊が到着したときの、駐屯地の兵士の喜びを演出しましたが、ユーディ君の行動で、傷ついた負傷兵の看護にあたる看護兵の切迫した状態。PCがもってきた補給物資をわけあたえ、食事にありつく兵士達の状況を一番身近に感じていたのは、ユーディ君ではないか、と思いました。

さて、MS01小隊のヤヨイ少尉に関わらせた戦場カメラマン”タクヤ”との応対は、これはこちらが演出不足だった、と反省しています。
こういった軍隊物のTRPGでは、こういうNPCとの関わりが、えてして、希薄になってしまうことが多く、NPCとの関係が横に広がらない、ということが、自分のマスターの問題点であることは自覚しています。

そういったNPCとの演出が、少し、足りなかったかな~、と今回のシナリオの反省点です。
エンディングが打ちきりのような淡泊さが、後に残り、東南アジアの連邦軍基地の帰還。そしてそれを喜ぶ兵士達の描写をした方が良かったかな、と。

ともあれ、今回お付き合いいただいてありがとうございました。
また機会があれば、ガンダムTRPGのマスターを再チャレンジしてみたいと思っています。
それでは、皆さん、よいお年を!
スポンサーサイト
日常茶飯事(感想)
 自宅セッションは14回目にして、いったんの最終回となりました。
 この区切りのセッションに、これまでお付き合いいただいた皆様に全員にご参加いただけたことに、心より感謝いたします。
 今後とも、なんとか機会を作り続けていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 さて、最終回アクト『日常茶飯事』についていつものように書かせていただきますね。

 望むものがいた。
 その欲望のために犠牲になるものがいた。
 そして、その欲望に抗い、立ち向かうものも。

 沙織は、ただ友達のために走った。なぜこれほどまでに、自分が誰かを助けようとしているのか、自分でさえも気づけぬまま。
 リュウコは、ただ黙々と調査を進めた。けれど固ゆでの男は、悲劇に終わる少女に静かに花を添えた。
 美作は、ただ現実を映し続けた。それがこの悪徳の街の日常だと知りながら、それでもただただ映していった。その瞳に映る世界を残そうとするかのように。
 菊花は、ただ妹のために必死に走った。それが誰かに犠牲を強いることとなったとしても、守りたいものがあった。
 武者小路は、もう一度己に問いかけた。彼に手には守り手を必要とする小さな命があった。

 長谷川隆利は地位と権力と、そのための金を望み、候(ホウ)の口車に乗った。ヒルコの幼児を犠牲にして作り出したのは愚嵐。
 秋留麻由美はただ家を、彼女が守りたかったものを守るために戦った。あるいはただ取り戻したかっただけなのかもしれない。
 速水雄吾はほくそ笑んだ。一色を見限り、河渡へと寝返った男は最初から一色の名前を利用しただけだった。
 候考賢は何も変わらない。会社のため、使えるべき主人のためにすべてをなぎ払い利益を生む。
 ヴォーテックス。銃にすべてをささげた男は、その猛威をふるい死んでいった。彼は死を待つしかなかったから。

 彼らはそれぞれに望みがあった。
 そのために戦い抜いた。

 それだけの、N◎VAにはどこにでもあるくだらない話だった。


キャストについて

システムQ&九龍沙織

 彼女はヒロインだと思うのです。
 でも、別にお姫様なんかじゃない。
 ただ彼女にはスタイルがあり、そのために突き進む強さがある。
 でもその強さは完璧なんかじゃない。だから初めて得た友達の危機に奔走した。
 私はそういう彼女がとても好きなのです。

リュウコ

 ストリートの闇を受け止めることができるかどうか。
 これはN◎VAを遊ぶ上で結構重要な部分です。その意味でリュウコは私が予想していた以上にハードボイルドにスタイルを貫いていた。
 南海子への対応、猫娘のミィへの対応。
 そしてエキドナへの対応。
 その一つ一つがリュウコというキャストをしっかりと表現していてすごいなと感心しました。

美作九郎

 美作に関しては改めて言うまでもなく、カッコイイのです。
 派手な活躍は確かに目立ちます。
 でも、私はむしろ美作のような活躍こそ目が行ってしまいます。
 個人的にはミリィへの対応、エンディングなどはとても素敵なワンシーンで、ああミリィというゲストを作ってよかったと本当に思いました。是非にもミリィと幸せになる物語を作りたいと思います。

菊花

 三姉妹、という設定を利用させていただきましたが、ちゃんと個性わけがしっかりできていて感心しました。
 菊花はとりわけ重圧の多いなかで、いつものように丁寧に動いてくれました。が、時折RLが驚く行動や発言があって度肝を抜かれます。
 というか、最近はpomeさんに驚かされてばかりに思います。
 実は一番味に深みのある、そして広がりのあるプレイヤーだと最近は強く感じてしまいますね。今度は透子を見てみたいなぁ。

武者小路眞太郎

 実は今回のキャストたちの中でも最高経験点の武者小路。
 久しぶりに活躍は相変わらずのカブトっぷりでしたね。
 誰かを守る。
 言葉にすれば簡単ですが、現実容易なことではないと思います。
 そのスタイルを最後まで貫いた武者小路もまたカッコイイのだと私は思いました。


 いろいろと書きたいことはたくさんあるのですが、いざ書こうとするとなかなかまとまらないですね。
 とりあえず、という形で上げさせてもらいますので、ご感想などありましたら是非お願いします。
日常茶飯事(アンダーワーク)
 RL法条です。
 次回、最終回セッションの準備としてのアクトトレーラーとハンドアウトを掲載いたします。
 今後ともなんとか継続したいとは切望しておりますが、現実的にはこれを区切りにしなければなりません。できるだけ皆様に楽しんでいただけるように最善を尽くして準備したいと思いますので、ご協力お願いいたします。

アクトトレーラー

 これはどこにでもある話。
 
 ストリート、レッガー、ドラッグ。
 摩天楼の煌めく隙間の闇の中で蠢く欲望。

 アーコロジー、クグツ、ビッグマネー。
 弱者は利用され、強者は嗤う。

 正義は利用されるための方便に過ぎず、悪徳は無法という名の力となる。

 それでも、目を逸らさずに立ち向かう者たちがいる。
 悪逆の牙を立ち向かい、巨万の富にNoを突きつける。
 どこまでもCDで、どこまでもウェットなエッジランナー。

 これはどこにでもある話だ。
 どこまでもスタイルを貫く、最高にカッコイイ奴らの物語。

 トーキョーN◎VA The Detonation
 『日常茶飯事』

 つまるところ、こんなことが延々と続いていくのさ。
 ニューロ!!!


ハンドアウト

システムQ&九龍沙織 PL:緋月八樹
カブト,カタナ◎●,ニューロ
<コネ:タカ=G=エンドウ> 推奨スート:理性or外界

 フリーランスである沙織の仕事は、基本的には荒事の解決である。少女に見合わぬ高性能な電脳両手剣を使いこなすその実力は、見た目以上に冴え渡る。加えて彼女のサポートするAI、システムQによって戦闘能力の向上だけでなく、情報収集なども含めてオールマイティにこなす、ストリートのフリーランスとしては優秀な部類に入る。
 今回、そんな腕を買ったのは知り合ったばかりの“闇医者”タカ=G=エンドウだった。彼が言うには最近、ストリートに新種のドラッグが出回っているという。しかも彼が調査に出た途端、妨害にあったというのだ。泉紀に護衛を依頼していたおかげで襲撃によって受けた傷自体は大きなものではなかったが、動くには厳しい状態。しかもそれによって泉紀は行方不明になってしまった。
 そういってため息をつく彼の代わりにこの件を調べること。お金のため、そして友達のため。今回の仕事も一筋縄では行きそうにない。

 今回のQ&沙織の仕事は、実は今までで一番オーソドックスなスタンスになっています。事件の調査と、その解決。もちろん、単なる調査ならフェイトに頼めばいいわけで、荒事があることは間違いないという仕事になります。
 また友人である泉紀の行方もわからなくなってしまっているので、これを同時に調査することにもなるでしょう。
 スタンダードに、想いは熱く。
 活躍を期待しています。


美作九郎 PL:T381さん
フェイト●,レッガー,トーキー◎
<コネ:エミーリエ=リンデマン(ミリィ)> 推奨スート:以前の関係

 今、N◎VAスポは大きなネタに欠いていた。そりゃあ、もう編集長をネタに使うくらいしかないくらいに。
「そんなわけで、ちょっと足伸ばしてヒルコ街の裏事情とか調べておいてもらいたいわけや」
 焦りからか、ちょっぴりオーサカ弁が零れる九条から頼まれたのは数ヶ月前に誕生したばかりのヒルコ街の調査だった。元々緩衝地域だったスラムに出来上がったコロニーだけに、色々と面白いネタがあるかもしれない、とそういうわけだった。
「まあ、とりあえずはあそこをどの組織が押さえるのかって辺りを調べておいてくれたら色々面白そうやと思うんや。ちょっとばかし危ないかもしれへんけど、よろしく頼むで」
 小さな嘆息が漏れたりはしたが、確かにおもしろそうなネタではあった。

 今回の美作さんは人数が多いこともあって、渋く、決めてもらおうと思っています。今回のメンツは、キャストの数に対して情報収集能力が低めになっているので、そのあたりの補佐もお願いしたい所存です。
 ですから基本的な動きはいつもどおりの調査で活躍していただくことになります。内容は最近できたばかりのヒルコ街の調査です。とは言っても、これを調べろという強いモチベーションではなく、犯罪組織の関係を中心にちょっと探りを、という感じで。いや、実際には話しが絡んできますが(笑)。
 つまるところ、自由に動ける立場でつなぎをお願いしたい所存です。あと、物語の流れ的にも、美作の情報がQ&沙織&リュウコと菊花&武者小路の情報を繋げる架橋になる予定です。
 あと、これはおまけ的なことですが、<コネ:ミリィ>もしくは彼女を対象とした<交渉>に成功すれば、彼女の持つ一般技能・特技などを使用できるというオプションルールを追加します。<究極鑑定>あたりを持たせようかと思っているので、うまく使ってもらえればと思います。


リュウコ PL:高原秋さん
カブト●,フェイト◎,カタナ
<コネ:音羽南海子> 推奨スート:理性or外界

「ドラッグの出先を探してもらいたいんだ」
 モニター越しの依頼人はN◎VAにおける“夜の女王”音羽南海子だった。だが、肩書きを考えなければ彼女も依頼人に過ぎない。
 今回の依頼は、最近出回り始めた新種のドラッグの調査。もちろん南海子とてドラッグを扱う側の人間だが、それでも必要悪として考えれば彼女はそれを統制している。今回のように出先のわからないドラッグが出回ればその管理のための調査をするというわけだ。
 決して誉められた仕事ではない。だが、同時にストリート上がりのリュウコにはそれがなくすことのできないものだともわかっていた。
 だからこそ、誰かに任すくらいなら自分で、とも。
 金払いのよさをいいわけにして、探偵はN◎VAの闇を歩き出す。

  今回のリュウコの仕事もオーソドックスな依頼型です。しかし、今回探すのはドラッグの出所。それをヤクザのボスから依頼されるというちょっぴりダーティな香り漂う仕事となります。
 本質的に麻薬による悪を、悪事と断定せず、できれば必要悪の一部として管理統制による広い意味での“正義の味方”だと思っていただければ。と。あとこんなのもN◎VAの世界観だよ、というパターンの一つとして感じていただければと思います。


菊花 PL:pomeさん
バサラ,ミストレス●,フェイト◎
<コネ:武者小路眞太郎> 推奨スート:今までの関係

 このときばかりは穏やかでいることはできなかった。
 妹が、泉紀が人質にされていた。
 ある日の午後、看板の出ていない腕利き探偵である菊花の事務所に訪れたのは強面の男を連れた女性。彼女たちがカタギでないことは一目でわかった。かすかな緊張と共に、それでもお客として対応しようとした菊花に女性は告げた。
「妹の命、助けたければ仕事を引き受けてください」
 そう言って彼女は意識のない泉紀を差し出した。続けて彼女の口から伝えられた言葉に菊花はぞっとする。
 脳内爆弾。
 選択の余地などなかった。それがどのような結果をもたらすとしても、泉紀を助けないわけにはいかない。
 依頼されたのは人探し。彼女らの元から大事な“もの”を盗んで脱走した仲間の一人だという。
 他言無用。
 誰にも頼ることのできない、失敗できない仕事になった。

 久しぶりに登場する菊花さんには、やや厳しい導入となります。
 三姉妹の設定をこんなところで使わせてもらうのはやや邪道かなとは思うのですが、物語のためとして受け止めていただければと思います。少なくとも泉紀をRLの勝手で傷つけたりは致しませんのでご安心を。
 そんなわけで妹を人質に取られての、人探しの依頼です。もちろんアクトに際しては他のキャストと協力して泉紀を助け出していただく、ということにもなるかと思います。
 けれど、表面上はともかく心理的には中々厳しい状態での物語にはなるでしょう。その緊迫感を楽しんでいただければと思います。


武者小路眞太郎 PL:神牙さん
カブト◎●,チャクラ,マヤカシ
<コネ:レオン> 推奨スート:感情or生命

「お前しか頼めないんだ。この子を…頼む」
 ストリート時代の友人、レオン。久しぶりに彼から着た連絡で待ち合わせた場所に現れたのレオンは全身傷だらけだった。
 手渡されたのは生命維持装置に護られた生後間もないであろう幼児。傷だらけのレオンは、よろけた身体に似合わない凛とした表情で武者小路に言った。
「この子と、この子の母親を助けてくれ」
 彼の言葉が途切れるより先に、夜闇の静寂を破る喧騒が近付いた。それを聞くとレオンはもう一度だけ頼む、とだけ言って笑った。
 それから武者小路が止める間もなく、駆け出す。
 その喧騒の只中へ。
 後にはただ、すやすやと眠る赤子だけが残されていた。

 武者小路さんはホットスタートです。
 運命の輪の導きにより、かつての友人レオンと彼の抱く赤子に出会い、彼の代わりに子供を護ってもらいたいと考えております。そして、その母親が救えるかどうか、はプレイヤーの技量次第でしょう。神業を始めとするデータ的な効果ではこの母親は救えません。武者小路の、そしてプレイヤーとしての神牙さんのカブト●の真髄を見せていただけたらな、と思っています。
 是非、カッコイイカブトを見せ付けてください。

*尚、以前のアクトの結果などをどのように反映するか、はプレイヤーにお任せします。やりにくいようなら今回は直接引っ張らないとするのも良いかと思います。



 以上の五人で物語を紡いでいただければと思います。
 物語はドラッグと、それを扱うレッガーが中心となって敵対することになるでしょう。そこへ所々でクグツやクロマクがうまく混ぜられたらとは思いますが、中心はあくまでドラッグとレッガーとお考え下さい。
 レッガーに利用され悲しみに暮れる女性を救えるか、というのも一つのクライマックスになるでしょう。

 個人的にトーキョーN◎VAに於ける最大の力は『物語』です。
 素敵な物語であると皆が感じ、それを共有できるなら、あらゆる結果はそれに倣うことになるでしょう。
 素敵な物語になることを目指してがんばりましょう。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。